chmod 777 禁止!

何も考えずにchmod 777 ${some_file}するの、やめて本当にマジで。

そのファイルの所有者やグループ設定、何の意味もなくなっちゃうでしょ! 誰でも読み書き削除できちゃうじゃんか!

というニュアンスが、拙い英語だとほぼ通じない。特に相手は強者インド人。

自分:「このsleep 10は何のためにあるの?」

インド人:「ああ、2秒くらい待てば良い?(言いながらsleep 2にチョチョイと修正)」

自分:「修正する前に質問に答えなさい!」

万事がこんな感じ。Don’t set three seven! Any process accidentally write or remove the file!なんて言ってみたところでBut that’s more convenient.と返されるだけ…。

本当に必要な権限なんだったら、せめてchmod a=rwx ${file}にして。実行権を追加したいのなら、chmod a+x ${file}して。man chmodすれば詳しい使い方出てくるんだから。

体系的に勉強するならLPICがお勧め。世界的なベンダー資格だから、探せば英語版もあると思います。

こちらは教科書的な使い方がメイン。

教科書を読んでコマンドを一通り試したら、下記の練習問題を9割解けるようになるまで繰り返せば、LPIC level1試験は余裕で合格できて、コマンドのオプションにもある程度精通できて楽しいですよー。

インド人の方にも勧めておこう…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする