脱原発の前に、まずは脱東電を。

4月から始まる電力自由化。

以前調べた通り、それなりに規模が大きく、再生可能エネルギー比率が高く、企業向けの実績もあるミツウロコグリーンエネルギーにて、事前予約しちゃいました〜。

電力会社を変えるなんて経験なかったので、本当にこのまま進めていいのか?目的は果たせるのか?といった不安から、色々と検討調査した結果をまとめてみます。

賃貸物件で電力会社切り替え可能か?

可能。

賃貸マンション・アパートでも新電力を選べるで、そのまんま解説されています。

電力会社を替えると停電リスクが高まるという誤解でも触れた通り、送電網は変わらず、あくまで契約者本人と電力会社間の契約なので、大家さんに許可をもらう必要もなし。

電気料金はどう変わるのか?

目的は経費削減ではないのですが、一応見積もってみたところ、数千円/年程度は安くなりそうです。

大抵の電力小売業者さんは、簡単な見積もりWebフォームを用意しているので、特に面倒な手続きなしに見積もることができます。

ミツウロコグリーンエネルギーの見積もりフォームはこちらから。

過去のログデータを参照可能か?

可能。

オフグリッドシステムの作り方でも紹介した電気家計簿ですが、電力消費状況のフィードバックを得る何らかの手段は欲しい。

ミツウロコグリーンエネルギーに問い合わせたところ、似たようなサービスを提供してくれるとのことで、安心しました。

「脱原発」にはなるのか?

完全に「脱原発」とは言えない。

そもそも送電網は東電の所有物。

またもし、需要が供給を超えた場合には、ミツウロコグリーンエネルギーが東電にペナルティ料を支払い、東電が不足電力分を供給することになる。

その不足電力分は、原発(現在は停止中とはいえ)を含む非再生可能エネルギー由来となる。

…って、何だかなぁって感じですが、まぁ… タイトルの通り、まずは脱東電しちゃおうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする