GhostからWordPressへ (1) 〜引越しプランを練る〜

Ghostをご存知でしょうか。

The Simple Alternative to WordPressを謳う、nodejsで書かれたブログシステムです。

管理画面はこんな感じ。

ブログを始めるにあたって、jsもあまり触ったことがないくせに無謀にもGhostを選択してしまい、管理コストが膨れ上がってきた次第…。

ということで、巷にノウハウ溢れるWordpressに移行しました。

Ghost to WordPress移行手順の概略

この手の情報は先駆者がいるもんなので、ありがたく参考にしよう…

と思ったら、ヒットする記事のほとんどが、WorpressからGhostへの移行記事。

GhostからWordpressに移行するのにトライした記事は意外と少なく、そのものズバリな記事は海外のものでした。

もちろん英語。

要するに、

  1. Ghostからデータをjsonで抜き出し
  2. jsonをCVS変換し
  3. Markdownを解釈可能な状態のWordpressにインポートする

というのが手順の概略。

この流れに沿っていれば、基本的にどのツールを使っても問題なし。

Ghost to WordPressプランを練る

ブログシステム移行のついでにドメインも変えたくなったので、進め方を考えます。

ドメインを変える=URLが変わるので、検索上位にランクされている記事があっても、変えた瞬間にリセットされてしまう…。

そんな事態は避けたいので、このようにしました。

  1. 旧ドメインのTTL(Time To Live)を最少にして、各地に散らばったDNSキャッシュ書き換え間隔が置き換わるのを待つ
  2. Ghostデータをjson形式でエクスポート、CSVに変換
  3. WordPressプラグインReally Simple CSV Importer仕様のカラムを指定、slugをGhost時と同一にする
  4. WordPressを立ち上げ、パーマリンク設定をGhostと同一にした上で、CSV形式データをインポート
  5. DNSキャッシュ書き換え間隔が置き換わったであろう時間経過後、新ドメインURLへ301リダイレクトするWebサーバを、旧ドメインのGhostブログサーバと置き換える

最後のステップ、この形に落ち着くまでが手こずった…。

Ghostにリダイレクト機能が追加されたのはかなり最近のことで、自分が使用していたバージョンは対応しておらず…。

ブログ移行のために今後使うことのないGhostをバックポートとかしたくないので、他の方法を取ることにしたのでした。

次回に続く。