LinuxでiOSアプリを開発できないらしい。

LinuxでiOSアプリを開発できるらしい」というのは、間違いでした…。少なくとも現時点では。

とりあえず分かったことは以下の通り。

  • FoundationライブラリがOSS化された
  • その上に乗るCocoaやUIKitはOSS化されていない
  • Objective-C runtimeもOSS化されていない

そして、OSS化されたFoundationがGithubに公開されているんですが、そのREADME.mdにも以下のように書いてあります。

Why not make the existing Objective-C implementation of Foundation open source?
Foundation on Darwin is written primarily in Objective-C, and the Objective-C runtime is not part of the Swift open source project. CoreFoundation, however, is a portable C library and does not require the Objective-C runtime. It contains much of the behavior that is exposed via the Foundation API. Therefore, it is used on all platforms including Linux.

ということで、実際に試してみると、そもそもLinux版SwiftではUIKitやCocoa(お洒落なGUIが作れるライブラリですね)をimportできません。

Linuxでおなじみ、Glibcはimportして使用することができるところをみると、SwiftインタフェースでLinux CUIアプリケーション作れる環境を用意した感じですかね。あくまでSwift言語の学習用ということか…。

Linux版Swiftインストール手順

せっかくなのでまとめておきます。

基本的に、Swift公式ページに書かれている通りです。

簡単にSwiftを触ってみる

Swift言語をちゃんと勉強したわけではないので、本当に基本的なところだけ試してみました。Glibcがimportできるとあって、見慣れた関数が使えます。

例えば、randと入力してTabキーを2回押すと、補完候補が出力されます。bashやipythonと同じで、何もしなくても最初からauto completionが効いていて、とても良い。

感想

あくまでSwift言語の勉強用と割り切って、Macを買う前にLinuxで触っておく、くらいですかね。使うメリットを見出すとすれば…。要望をコードでpushしてpull requestできるだけのスキルを持っていれば、また別のメリットもあるんでしょうけど…。

既にMac持ってる人にとっては、XCode入れればもれなくターミナルからSwift使えるので、メリットは特にないのかな…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする