lua有効版vimをOSXターミナルで使いたい。

vim使ってますか?

vimでコード書く人ならほぼ100%使っているであろう、コード補完プラグインneocompleteをOSXターミナル版vimでも使えるようにする方法の紹介です。

有名なので知っている人は多いと思いますが、neocomplete動作要件は7.3.885+ compiled with if_lua.です。

んで、OSXにデフォルトで入っているvimは7.3なのです。

luaなしvimでも使えるneocomplcacache

同じ作者様のコード補完プラグインに、neocomplcacacheがあります。

が、github README.mdに記載されている通り、neocomplcacacheは既にメンテされておらず、使っているとその旨の警告が出たりします。

Shougo/neocomplcache.vim@github

neocompleteを使いましょう

neocompleteのREADMEには以下のように書かれていますが、誇張でもなんでもなく、ほんとに強力なキーワード補完をしてくれます。下手なIDEよりいいんじゃないでしょうか。vimの方が軽量で起動も早いですし。

Shougo/neocomplete.vim

Mac OSXでneocompleteを使いましょう

使いたいところなんですが、何も考えずに使おうとすると、躓きます。

デフォルトで入っているvimのバージョンが7.3な上、brewで普通にインストールしても7.4 -lua版なんですよね・・。

lua有効版vimのインストール方法を調べるのが面倒くさくて、しばらくの間KaoriyaさんMacVimをエイリアスして使っていましたが、これだとvimの軽量・軽快さというメリットがなくなります。MacVim.appにエイリアスしていることからわかる通りGUI版なので、起動がとっても重い。

で、lua有効版vimのインストール方法を調べてみたら、思いの外簡単でした。

brew info vimコマンドを実行すればすぐわかることだった… それ以前に、neocompleteのREADME.mdにガッツリ書いてあった…。

ということで、インストール手順です。

lua有効版vimのインストール手順

インストールコマンドを叩く。

デフォルトのvi/vimより先にlua有効版vimにヒットするようにPATHを設定する。

viコマンドでlua有効版vimに向くようにエイリアスを貼る。brew install後そのままだと、viコマンドでデフォルトの7.3が起動しちゃいました。

おまけ

luaってそもそもなんなんだ? と思った方は、引用元Wikipediaを参照ください。

Lua(ルア)は、…(略)…らによって設計開発されたスクリプト言語およびその処理系の実装である。
手続き型言語として、また、プロトタイプベースのオブジェクト指向言語としても利用する事が出来、関数型言語、データ駆動型としての要素も併せ持っている。
Luaという名前は、ポルトガル語の月に由来する。

ちなみに、LuaJITはLuaのコンパイラだそうです。brew install vimのオプションに--with-luajitが出てきたので。

neocompleteの一部またはコア部分がLuaで書かれてるってことなんでしょうね。多分。

教訓

READMEは必ず読みましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする