PHP開発環境を整備しとこうと思ったら、anyenv最高だと思ったけど、OSX環境でうまくいかず泣きをみている件。

知っとくと後々便利そうだと思い、最近いじり始めたPHP。

ブラウザで手軽に実行できるのはいいのだけど、デバッガないのかな?とググってみたら、やっぱりありました。

PHP5.6以降は実行環境に同梱されているんですね。

ということで、OSX環境といえばbrewで・・・ とコマンド打つ前に立ち止まり、そういえばpyenvやrbenv、ndenvがあるくらいならphpenvもあるんじゃ? と思ってコマンド打ってみると、やっぱりありました。

anyenv便利。

とりあえず5.6系の最新と、7.0系の最新を入れておこう。

・・・ところが、意気揚々と5.6.9をインストールしようとすると、こんなエラーが発生。

libmcryptが足りんとな。

brewですぐに見つかったのでインストール。

これにて、PHPも無事インストール… できませんでした。

今度はopensslか… と、またbrewのお世話になろうとしたら、opensslは既存のものがすでに最新だよと警告される。

ググってみると、どうもXcodeのcliツール関連っぽいので、とりあえずXcodeを立ち上げてみると… なにやらコンポーネントがインストールされました。スクリーンショット取るの忘れた…。

なかなかphpdbgを使うところまでたどり着かない・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする