家計簿担当必携アプリ、マネーフォワードのススメ。

連携できる金融機関の数がものすごいのと、操作感がとても軽快で、その上、家計資産レポートや家計診断、支出ランキングを月ごとに報告してくれる、過保護なくらい親切な家計簿アプリです。

無料ではあるけれど、アプリ内課金があるのでご注意。月額500円で全機能が使えます。

そんなMoney Forwardの便利機能の一つ、レシート読み取り機能の精度に感動したので、ちょっとだけご紹介。

このレシートを読み取ってみます。

結果はこうなりました。日付、支出額、お店の名前やカテゴリに至るまで、見事正解です。

お次はちょと特殊なフォントのまきばレストランのレシート。

これもしっかりと読み取ってます。すごい…。

次はちょっと意地悪して、公共料金支払いレシート。値段が書かれていません。

「11」って、どこから読み取ったんだ? でもちゃんと店名や日付はしっかりと読み取れている。すごい。

だいぶ前に、Money Forwardとは別のアプリでレシート読み取り機能を使ったことがあるんですが、その精度はまぁ酷かった…。

入力し直す手間の方が大きかったので、そのアプリはいつの間にか使わなくなりました。

しかし、このMoney Forwardのレシート読み取り機能は、読み間違えることがほとんどありません。溜まっていたレシート20枚程度を数分で入力し終わりました。

金額入力するのがめんどくさくて家計簿が続かない人にオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする