市民のための太陽光発電標準化セミナー開催@東京都千代田区

まだまだ空席あるようです。興味ある方はPeatixからどうぞ。

標準化と聞くと、どうしても遠い世界のことと思いがちなんですが(自分含む)、群馬県伊勢崎市で起きた太陽光発電施設の倒壊事故を見ると、身近な話であることを実感しました。

最近よく遊びに行かせてもらってる山梨県都留市周辺にも、土地代が安い山を買って木を切り、山肌に直接太陽光パネルを敷き詰めた発電施設が目に付きます。

素人目にも、地震や台風で倒壊しそうに見えるほど、美しくない施工をしていました。

平地だと土地代が高く、山を平地にならすのもお金がかかるから、山の斜面に直接施工するんだそうで。

FITでの目先の利益に走った結果なんですかね。

国際標準に準拠したJIS規格の架台強度に即しているのかは分かりませんが、公然と批判できるくらいの知識は持ちたいなと。

セミナーで教わろうとする時点で他力本願な気もしますが、まぁ、良い機会を頂いたということで。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする