車載予備電源で震災に備える。

連日の九州震災ニュースに、東日本大震災同等の不安を覚えた嫁とも相談して、車にも太陽光予備電源を設置することになりました。

いつの間にか嫁自ら調べていて、こんなのあったよと教えてくれるという。

自宅に自作太陽光電源が2つ(中規模小規模)あるおかげか、考え方が同じベクトルを向いてきたようで…。

というわけで、さっそく車載用太陽光パネルをどれにするかで数日悩んだ末、これに決めました。

単結晶太陽光パネル エクセレント 20W ソーラーパネル セミフレキシブル ブラック

~~エクセレントなんて自分で言っちゃうところが怪しい気もしますが、~~発電効率の良い単結晶なおかげで面積小さめ、1.9mmの薄さでセミフレキシブル、その上防水加工済みと至れり尽くせり。

普通の太陽光パネルと違い、縁まで真っ黒なので、車のダッシュボードに設置してもフロントガラスへの映り込みが気にならなそうですね。

さすが最初から車載を想定したパネル。

同じセミフレキシブルで50Wタイプもありましたが、このサイズだと愛車のダッシュボードに収まらないんですよね。20Wタイプが2枚なら、どうにか収まるかな…。

車の屋根に設置するなら、エムソーラーさんのバックコンタクトで高効率なフレキシブルタイプなんでしょうけど… 今回はダッシュボード活用ということもあり、全面しっかり黒を優先しました。

蓄電池は余ってたバイク用ディープサイクルバッテリーを流用するので、追加コスト無し。

チャージコントローラは格安MPPT方式のを導入しようと思ったんですが、機器そのものの消費電力が高いことがわかって却下。せっかく効率よく蓄電した電力を自分で消費しちゃうんじゃ、世話ない…。

結局電陵製のPWM方式を採用。消費電力まで考慮すると、格安MPPT方式と大して変わらない効率性が良い。

取り急ぎ車のダッシュボードには載せてみたんですが、あまりに美しくないので、その全貌はまた今度…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする